おでかけ&ゆる登山

【富士登山】初心者にもおすすめ!御殿場ルートの特徴と基本情報

はじめての富士登山だと、ルート選びに迷いますよね。

利便性もありますが、かかる時間や難易度も気になるところ。

難易度が高いといわれる御殿場ルートですが、足腰に不安をかかえる50代の夫婦でも、余裕で登頂・下山することに成功したので安心してください!

御殿場ルートは、初心者でも問題なく登れますし、
山小屋に1泊するのであれば、むしろ難易度は低いと感じました。

はじめての富士登山なので不安だ

富士登山のルート選びで悩んでいる

御殿場ルートを実際に登った人の情報が知りたい

そんなみなさんの参考になれば幸いです。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

【富士登山】50代超初心者が本番に向けてやった5つのこと「一生に一度は富士山に登ってみたい 」 「富士山の頂上からご来光が見てみたい 」 そう思ったことはありませんか? でも...

御殿場ルートの基本情報

富士山には、代表的な4つの登山ルートがあります。

吉田ルート

須走ルート

富士宮ルート

御殿場ルート

4つのルートの中でも、登山時間と距離がもっとも長いのが「 御殿場ルート 」です。

登山ルートはそれぞれに個性があります。

ルートを決める際には、基本情報をしっかり確認してください

所要時間

御殿場口新五合目から山頂までの登り時間は、7時間半~約8時間といわれています。
( 剣ヶ峰やお鉢巡りの時間は含んでいません 。けっこう個人差が出ると思います )

それに対して、下山時間は約3時間30分
7合目からの大砂走りで一気に下山するため、ほかのルートとほとんど変わりません。

標高差

御殿場ルートは4つのルートの中で、いちばん標高の低い位置からスタートします。

登山口から頂上までの標高差:約2300m

吉田ルートの標高差:約1450mと比べると、約1000mほどの差があります。

トイレ・山小屋・施設など

登山口:公衆トイレ ( 24時間利用可能 )、売店、観光案内所 ( 専門のスタッフがいるので、登山前のさまざまな情報収集に役立ちます。 )

登山口から歩いて10分程度山小屋「大石茶屋

7合4勺:山小屋「わらじ館

7合5勺:山小屋「砂走館

7合9尺:山小屋「赤岩八合館

ルートの標識

富士山の登山道は、それぞれのルートによって4色に色分けされています。

御殿場ルートはミドリ色

道を間違えないように、覚えておいて下さいね。

御殿場ルートの山小屋情報

各ルートによって料金などもさまざまです。

ここでは、御殿場ルートに限定した情報をまとめています。

宿泊予約

基本的に予約制です。

わたしが泊まった「わらじ館」は、その年の2月から予約が始まりました。

お盆休みや週末などのピーク時に宿泊を希望する場合は、早めの予約が安心です。

宿泊料金

御殿場ルートの山小屋は、食事つきで平均8000円前後 ( 素泊あり )

吉田ルートと比べると少し安い印象です。

トイレ利用料

山小屋のトイレ利用料は、1回300円。

登山前にネットで調べたら、「100円硬貨を多めに持って行った方がいい」という情報を多くみかけました。

御殿場ルートは、登山口近くの大石茶屋から、7合4勺のわらじ館までトイレがありません。
(※つまり、わらじ館までトイレ代は必要ない)

また、宿泊客は無料で利用できるので、結果的にトイレ代は全く必要なかったです。

※小銭が多いと重くなるので、少しでよさそうです。

飲み物・食料品

山小屋では、比較的なんでも揃います。

500ml入りのペットボトルの水やジュース類はだいたい500円

カレーライスやうどん等の軽食は、1000円前後という感じです

料金は高めですが、カップ麺、お菓子、ビール、ワインのほか、パン、あんみつ、スイカなど…品ぞろえが豊富でおどろきました。

(大石茶屋は登山口に近いので料金も安め)

山小屋についての詳しい情報は、また別の記事でご紹介します。

御殿場ルートの特徴とメリット・デメリット

じっさいに体験して感じたこともまじえ、
その特徴を「メリットデメリット」に分けてまとめてみました。

どのルートを選んでも、メリットやデメリットは必ずあります。

それぞれを比較して、最終的に決めたのが御殿場ルートでした。

御殿場ルートのデメリット

  • 登山時間と距離が長いので、体力が必要。
    登山口から山頂まで約8時間、山頂までの標高差約2250m。
  • 山小屋やトイレが少ない。
    登山口をスタートしてから10分ほどの所にある「大石茶屋」から7合4勺の「わらじ館」までトイレや山小屋がない。
  • 途中、木陰や建物などがないので、天気の良い日は直射日光に晒されつづける。
    → めちゃくちゃ焼けるので、男性もUVケアを!
  • 雷雨などの悪天候の際、避難する場所がない。
  • 悪天候で視界が悪くなると目標物がないので迷いそう。
  • 座って休憩できる所がほとんどない。
    そもそも砂地で座りにくい。
    私はあまり疲れなかったので、休憩や食事は立ったまま。笑

御殿場ルートのメリット

  • 登山口までのアクセスが良い。
    バス・タクシー・マイカーで登山口まで移動できる。
    御殿場ルートはマイカー規制がない
  • 最も標高が低い位置 からスタートする。
    → ゆっくりと時間をかけて登るので高山病のリスクが少ない
  • 代表的な4つのルートの中で、最も登山客が少なく静かな富士登山を楽しめる。
    登山渋滞がない
  • 8合目までは傾斜がゆるやか。
  • 火山砂が延々とつづく雄大な景色を堪能できる。
    登山道は砂がよけられているので、歩きやすくなっている。
  • 下山時間は他のルートとほとんど変わらない (約3時間半)
  • 下山時に豪快な大砂走りを堪能できる。
    砂地の大砂走りは比較的安全に下山できる。
    下りが岩場のルートは、ヒザへの負担やケガなどのリスクが高い。

おわりに

富士山の登山ルートの中で、最もタフといわれている御殿場ルート。

実際に登ってみるまでは本当に不安でした。

「登山時間と距離が長い」
「トイレが少ない」
「晴れていれば直射日光にさらされ続ける」

そういう点では体力が必要なルートともいえますが、
登山口からゆるやかな登山道を、ゆっくり5~6時間登れば山小屋に到着します。

山小屋から山頂までは、2~3時間程度。
山小屋に1泊して翌日山頂をめざすのであれば、決してハードではありません。

実際、私たちはAM9時過ぎに登山口を出発し、PM2時過ぎには山小屋に到着していました。
夕食までの時間は景色を堪能しながらゆったりと過ごし、十分な休息をとることができました。

ルート選びは本当に悩みますが、候補の1つとして御殿場ルートもぜひ検討してみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA